03-6807-8364 無料省エネ診断はこちら

再生可能エネルギー:風力について


風力発電についての基礎知識から将来性についてまで紹介しています。

風力について

風力は風の力で発電する再生可能エネルギーのひとつです。風の力で風車を回して、回転運動が発電機に伝わり電気を作るという仕組みです。自然にある風を動力として、モーターの軸を回す方法の為、設置する場所は風がよく吹く場所が最適です。最近では土地付きの風力発電機が販売されていることもあります。

風力エネルギーの特徴

風力発電は化石エネルギーとは違い、枯渇する心配がない再生可能エネルギーです。また、石油や石炭とは違い、発電する時にCo2を排出しないのでクリーンエネルギーとしても注目されています。再生可能エネルギーの中では比較的発電コストが低いことも特徴です。

風力をエネルギーに変える方法と仕組み

風力を受けて回る風車は風の吹く方向に向きを変えて、風力エネルギーをとらえます。発電用に使用される風車は一般的にプロペラ型風車が多く、風に対して回転軸が平行になっているものです。風速で発電量が左右される風力発電は小型の場合、電気をバッテリーに蓄えます。大型の風力発電所では風車が何台も設置され、ウィンドウファームと呼ばれています。

風力エネルギーの活用例

風車は古代から、揚水・撹拌・排水に使われてきた歴史があります。最近では中継所の電源・お風呂の予熱・温室の加温・発酵促進・電気自動車の充電など、広範囲にわたって活用されている例があります。また、海上に設置するタイプの風車を設置している所も海外にあります。日本は様々な風が吹く為、風力発電には向いている環境と言えます。

風力エネルギーの課題と解決方法

風力エネルギーは省エネ・省コストに長けた再生可能エネルギーですが、課題もあります。それは、モーターを回す為に起こる騒音の問題と、大型の風車の場合に起こる景観の問題です。洋上風力発電の場合、両方を解決できるのですが、現在は日本では普及していません。しかし、プロペラの羽の軽量化で音を抑えて、騒音対策は進んできています。

風力エネルギーとこれからの未来について

騒音と景観の問題を両方解決できる方法が、洋上風力発電です。現在は、まだヨーロッパでしか普及していませんが、日本でも設置することは可能なので、将来は洋上風力発電が普及していると考えられます。日本では風力発電の導入を促進する為に風力発電事業の支援や研究の支援を始めたので、これからもっと風力発電を導入する所が増える可能性は十分にあります。

Q&A

日本ではどのくらい普及している?

ヨーロッパと比較すると導入は遅れていますが、日本では増加傾向にあります。2011年度末で1,870基、累積設備容量は255.6万kwまで増加しています。

発電コストが低いのは本当?

再生可能エネルギーの中では風力発電は発電コストが低いです。電気事業者ではなく一般企業なども商業目的で風力発電の導入を検討していて、多方面から注目されています。

環境に優しいのは本当?

風力発電は太陽光発電や水力発電のように枯渇する心配がなく、排気ガスなども出さない為、環境に優しい再生可能エネルギーです。広大な土地があり、一定以上の風を受けることができる場所が最適です。

日本は風力発電に適しているのか?

日本は大陸から偏西風が年間を通して吹いていて、山岳地帯も多い為、安定した発電効率を維持することができます。太陽光発電とは違い夜でも発電することができる為、安定した電力を供給することが可能です。

発電効率はいいのか?

風力発電のプロペラをカーボン繊維を使用して軽量化したことで発電効率がアップしました。太陽光発電と違って24時間365日風が吹けば発電できるので、夜間でも発電できることが発電効率を良くしている原因となっています。

Now Loading...