03-6807-8364 無料省エネ診断はこちら

再生可能エネルギー:バイオマスについて
バイオマスは廃棄物を再利用する優れた省エネ・再生可能エネルギーです。

バイオマスについて

再生可能エネルギーの中で馴染みがないものがバイオマスです。バイオマスはバイオ(生物資源)、マス(量)を表す言葉で、再生可能な生物由来の有機性資源で化石資源を除いたものを言います。バイオマスの種類には廃棄される物を活用する廃棄物系バイオマス、稲わらなどを活用する未利用バイオマス、さとうきびなどを活用する資源作物の種類があります。

バイオマスエネルギーの特徴

バイオマスエネルギーを燃焼して放出されるCo2は、生物が光合成で大気中から吸収したCo2です。廃棄予定だったゴミや農業廃棄物を活用する為、環境に優しく省エネ・省コストになります。化石エネルギーをバイオマスエネルギーで代替えすれば、地球温暖化の引き金となるCo2の排出削減に貢献することができます。

バイオマスをエネルギーに変える方法と仕組み

バイオマスは太陽エネルギーで育った植物で、集合した一定の量がエネルギーとして利用できるものを指します。薪・木炭・木くず・廃材は固体燃料として燃やし、家畜の糞尿をメタン発酵させて気体燃料として燃やし、アルコール発酵で液体燃料のメタノール燃料として燃やして活用します。

バイオマスエネルギーの活用例

生物と太陽エネルギーがある限り、繰り返し使えるバイオマスは様々な生物を活用することができます。林業資源としては間伐材、建材・製材工場廃材、製紙工場廃材・スラッジ、木造家屋解体廃材まで活用できます。農業物の廃棄物などの活用できるので、地方自治体でバイオマスに取り組む所も数多くあります。

バイオマスエネルギーの課題と解決方法

廃棄される物などを有効活用できるバイオマスですが、バイオマス資源の収集と保存にコストが掛かり、燃料を確保する為に食用の作物数が減るなどの課題があります。解決策としては、国や自治体が支援事業を行っているのでコスト削減に繋がるかもしれません。また、食用作物数の問題はバイオマス燃料源を食料ではないものを使えば、解決に繋がります。

バイオマスエネルギーとこれからの未来について

政府はバイオマスを活用した発電方法は、太陽光発電と並んで再生可能エネルギーの中でも重要だと認識しています。2020年段階で130億kwh相当のバイオマス発電の開発を目指していて、急速にバイオマス発電所が開発される見込みです。将来的にはバイオマス資源を求めて海外に展開するようになることが考えられ、益々発展する可能性がある業界と言えます。

Q&A

バイオマス発電の特徴とは?

Co2を排出しない為、地球温暖化対策に有効で、廃棄物の再利用をする為、循環型社会の構築に役立っています。また、家畜排泄物や農業廃棄物を活用する為、農村や漁村の活性化に繋がり、地球環境の改善に貢献できる所が特徴です。

バイオマス資源はどんなものがあるのか?

林地残材・製剤廃材の木材系、稲わら・もみ殻の農業残渣や家畜排泄物の農業・畜産・水産系、建築廃材系、食品加工廃棄物の食品産業系、黒液・廃材・古紙などの製紙工場系、下水汚泥・産業植物油の生活系があります。

バイオマスはどんなエネルギーに使えるのか?

バイオマス資源を利用して、木質ペレットの固体燃料、バイオマス由来メタンの気体燃料、バイオエタノールなどの液体燃料を作ります。その燃料は、発電・熱・輸送燃料などの用途ごとに使います。

日本国内のバイオマス資源はどのくらいあるのか?

日本国内にはバイオマス資源は膨大な量があります。未利用のバイオマス資源を電力に変換した場合、年間発電量は281億kwhになります。

どのくらい普及しているのか?

2012年に固定価格買取制度がスタートしてから着実に普及しています。今のペースで増加傾向が続けば、60年後は800万世帯分の電力をバイオマスでまかなえるようになります。

Now Loading...