03-6807-8364 無料省エネ診断はこちら

再生可能エネルギー:太陽光について
太陽光エネルギーを使用した発電システムは省エネでクリーンなエネルギーです。

太陽光について

太陽光は太陽から放射されるエネルギーで、日本で最も多く活用されている再生可能エネルギーのひとつです。太陽がある限り枯渇はせず、地球上へ届く太陽エネルギーの1時間分の量は、1年間に消費する世界全体のエネルギー量より多いというデータがあるほどです。活用の幅の広さから身近な省エネとしても知られています。

太陽光エネルギーの特徴

膨大なエネルギーを持つ太陽光は、化石エネルギーと違って枯渇することなく、コストがかからないエネルギー源です。さらに化石エネルギーや原子力エネルギーと違い、大気汚染しない為、地球にも優しいエネルギーなのです。太陽光は地域によって日射量の差はありますが、地球上であれば場所を問わずに活用できる点も特徴です。

太陽光をエネルギーに変える方法と仕組み

汚染物質を排出しない太陽光はクリーンエネルギーですが、エネルギーとして使用するにはいくつかの過程があります。太陽電池モジュールで太陽光を吸収して電気に変え、パワーコンディショナーと接続箱で発電した電気を集めて、家庭で使える電力として変換を行います。その電力を分電盤を使って家中に送り、不足する時は買電、余力がある時は売電します。

太陽光エネルギーの活用例

一般家庭で消費する電力量は平均して年間3600kwで、定格出力3~4kwの太陽光発電システムでまかなうことができます。しかし、毎日高い発電効率を発揮できるわけではないので、活用例としては曇りの日は発電効率が落ちるため不足分を電力会社から買って使うようになります。

太陽光エネルギーの課題と解決方法

太陽光発電システムは導入する際に、初期費用、電気代の節約、売電価格、ローン費用、導入に伴いオール電化にする費用が掛かります。その為、導入費用がネックになる問題があります。解決策としては、太陽光発電システムを導入すると国や自治体の補助金制度があるので、それらを利用すればできるだけ費用を減らすことができます。

太陽光エネルギーとこれからの未来について

エネルギーを生み出して自ら使用して、貯蓄や販売する太陽光発電は長期的に見ると節電効果はもちろん、クリーンエネルギーとしても優れているものです。将来エネルギーについてどんな変化があるかは予測不能ですが、自ら発電できれば影響を受けづらい為、これからは導入する方がもっと増えるかもしれません。

Q&A

太陽光発電システムに断熱効果があるって本当?

屋根の上で太陽電池モジュールが屋根が温まることを防いでくれる為、夏季は室内が涼しくなり、冬季は暖かい空気が外に逃げないので暖かくしてくれます。

太陽光発電システムは買取してもらえる?

太陽光発電システムは中古での買取をすることができます。何らかの理由で手放さなければならない時は、買取業者が買取してくれて、現金化が可能です。

太陽光パネルのリサイクルはどうなっているの?

災害で破損したものや老朽化したものをリサイクル業者で受け入れて、検査をクリアした場合は再利用して販売されます。再利用できない場合はアルミや銀を取り出しリサイクルします。

太陽光パネルの価格は安くなるの?

将来的に太陽光パネルの廃棄量が増え、リサイクルが盛んになり、再利用した太陽光パネルが販売されるようになれば、価格が安くなる可能性があります。

どのくらい発電できるの?

2ヘクタールの土地にソーラーパネルを設置した場合、約1000kwの定格出力の電力を生産することができます。年間の発電量に換算すると約110万kwhで、316世帯の年間使用電力量に相当します。

Now Loading...