03-6807-8364 無料省エネ診断はこちら

地中熱ヒートポンプシステム
地中熱ヒートポンプは空調・給湯・加熱冷却コストを大幅に改善します

製品概要

年間通して15℃前後で安定した地中の熱をヒートポンプで回収し、
空調や冷却設備の熱源として利用するシステムです。
熱を回収し、必要な温度域で供給するヒートポンプと、
熱源となる水を処理する水処理設備、及びそれらの制御システムなどで構成されます。
当社ではこれらの構成設備を一式のパッケージとして設計し、
安価で省エネ効果の高いシステムを供給しています。
ある程度の水質まで直接導入が可能な高耐食ヒートポンプの採用と、
スケーリングを簡便に抑える触媒フィルターによって、長期安定運用を実現し
これまでの常識を破る投資回収5年以内を実現しました。

こんな方に導入をオススメしています。

  • 1空調・給湯・加熱冷却設備のコストを大幅に下げたい企業様
  • 2地中熱利用を、水質やコスト等の問題から諦めていた企業様
  • 3地中熱ヒートポンプの実績が豊富な会社に依頼したい企業様

導入のメリット

・通常の空調や熱源機器に比べ、30~80%のランニングコスト削減が可能です。
・夏期の空調ピークカットに最適です。
・寒冷地でも安定した運転が可能です。(デフロスト運転がありません)
・CO2を抑え、ヒートアイランド現象が緩和されます。
・ボイラやエアコンに比べ、低騒音です。
・ボイラや冷温水発生器に比べ、維持管理費も削減されます。
・再生可能エネルギー専用の補助金が利用可能です。(補助率1/3~2/3)

導入事例

<ホテルの空調に地下水熱ヒートポンプを導入>
導入前は重油焚きの冷温水発生器で全館空調を行っていましたが、老朽化を機に、より省エネ効果の高い地下水熱ヒートポンプを採用しました。井戸は新たに掘削しましたが、水質も良好で、用水として二次利用を進め、水嚢光熱費全体のコストダウンに役立てています。

<植物工場の冷房に地下水熱ヒートポンプを導入>
旧い空調設備が冷媒規制により入替となり、生産や洗浄、ボイラに使っている地下水を共用して地中熱ヒートポシステムを導入しました。年間冷房のコストが85%も削減できただけでなく、既存井戸を共用することで掘削コストはかからず、また地下水が温まることでボイラの燃料代削減にも寄与しました。

お客様の声

医療施設 S社

これまでは空調に灯油の冷温水器を使っていましたので、冷暖房切替や点検費用で多くの手間と費用がかかっていましたが、今はボタン操作だけで簡単に設定でき、費用も抑えられました。光熱費の削減と併せて年間1000万円以上の経費削減になっています。

機械製造業 K社

当社は毎年のエネルギー削減目標を設定しておりますが、LED等の一般的な省エネ対策はやり尽くし、独創的な方式を探していたところ、ちきたくの地下水熱ヒートポンプに出会いました。工場の空冷ヒートポンプチラー更新時に50馬力を導入し、ランニングコストは年間約500万円抑えられました。

福祉施設 R社

新しい老人ホームを建設するにあたり、地中熱ヒートポンプには以前から注目していましたが、設計会社やメーカーに問い合わせても、採算が合わないとの回答でした。そこでちきたく社に出会い、再度調査してもらったところ、十分に導入可能とわかりました。環境省への補助金申請もお手伝い頂き、結果として一般的な空調を入れるよりも安く済んでしまいました。

導入の流れ

STEP1

基礎情報のご提供

対象施設の所在地、施設の用途、現在の光熱費など基礎情報を頂き、再生可能エネルギー熱源が安定的に利用可能か、採算性が確保できるかどうか診断いたします。(無料)

STEP2

一次シミュレーション

診断結果を基に、おおまかな導入費用と導入メリットの試算をご提案します。

STEP3

現地調査

一次シミュレーションでご検討頂けましたら、現地調査を行い、より詳細な試算と、再生可能エネルギー熱源の状況確認を行います。

STEP4

補助金申請サポート

ご契約にあたり補助金を利用される場合は、補助金申請資料から採択、報告業務までを一括でサポートいたします。

STEP5

ご契約

お見積書や提案をご確認の上、お客様に了承を頂きます。

STEP6

施工

納期は物件により2~3か月程度が目安です。

STEP7

運転開始・アフターフォロー

定期点検・保守・補助金報告業務など、導入後も継続してフォローいたします。

Q&A

地中熱はどうやってとっているの?

地中Uチューブと呼ばれるパイプを挿入し、不凍液を循環させてヒートポンプに繋ぐ方法(クローズドループ方式)が一般的に用いられます。しかしこの方法は掘削費用は高額となり、当社ではオープンループ方式と呼ばれる、地下水を汲み上げてそのままヒートポンプに供給する方式を推奨しています。

何mくらい掘るの?

地中熱は、地中の温度が安定した層から得られます。おおよそ地下5~200mの範囲となり、クローズドループの場合はその範囲にUチューブを通し、オープンループの場合は地下水のある層(帯水層)まで掘削します。

導入できる地域に制限はある?

クローズドループの場合は基本的にほとんどの場所で利用可能です。地下水を用いるオープンループは、地下水の有無、自治体条例などを調査する必要がありますが、一般的に想像される以上に可能な地域は多く、当社では地下水利用に長年取り組んできたエンジニアにより、無料で利用可否を診断しております。メンテナンスも全国の保守ネットワークで対応しております。

地下水質が悪いけど導入できる?温泉利用は?

当社では独自の「触媒フィルター」技術により、水質に起因する設備の劣化を防止できます。ヒートポンプ本体も耐久性の高い熱交換器を採用しており、温泉水や海水、下水利用にも対応しています、

どれくらい費用がかかるの?

当社がご提案する地中熱ヒートポンプ(オープンループ方式)の場合、一般的な空調熱源設備と比べて3~8割程度のコストアップとなります。ただしこれらはランニングコストで償却可能であり、概ね5年以内で回収しております。補助金利用により更にコストを抑えることも可能です。

パンフレットはこちら

パンフレットはこちら

Now Loading...